calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

categories

archives

西国バスツアーはこちら

西国の準備は楽天で

たびらいツアー

お宿探し

【西国三十三】和歌山満喫巡礼。紀三井寺、粉河寺

■西国三十三所観音霊場巡礼記録■
 2016年11月12日(土)

はじめに


当初、青岸渡寺、紀三井寺(金剛宝寺)、粉河寺の3つを一泊二日で巡礼する予定だったが、青岸渡寺の近くに番外の阿弥陀寺があることを発見。そのため、先に紀三井寺と粉河寺を日帰りで巡礼し、青岸渡寺と阿弥陀寺を一泊二日で巡礼することに予定を変更した。

 ■ 目次 ■
  第二番札所 金剛宝寺(紀三井寺)
  黒潮市場・ポルトヨーロッパ・湯浅
  第三番札所 粉河寺
  スケジュール

出発


毎年、梅干しと柿と醤油を買うために行きなれた和歌山。朝7時に自宅を出発。朝食は、いつもの岸和田SAで、しらす丼とコロッケ。
しらす丼とコロッケ
08:13

阪和自動車道の和歌山インターチェンジで降り紀三井寺を目指す。
県道154号を走り紀勢本線踏切を過ぎ20m程進んで左折。土産屋の駐車場はパスし寺院の駐車場へ向かう。
地図で確認

先ほどの交差点から150mほど走り、ここで右に曲がると突き当りが寺院の駐車場。
地図で確認


後から分かったのだが、寺院駐車場の料金場の右側の道路を上がれば半分ほどまで車で移動でき、階段を避けることができる。


このページの先頭へ▲

金剛宝寺(紀三井寺)


今回は参道まで戻り、参道を通って楼門へ。
紀三井寺門前
09:31
楼門前で、どこかのTV局が撮影中で なかなか楼門の写真を撮れなかった。少しまって楼門を撮影。
紀三井寺 楼門
09:36
ここから「結縁坂」と言われる231段の石段。
紀三井寺 階段
09:38
階段を登ると、こころの灯台・新仏殿が見えてくる。
紀三井寺 こころの灯台・新仏殿
09:39

階段を登り切り、本堂前を散策。
六角堂
紀三井寺 六角堂
09:43
大師堂
紀三井寺 大師堂
09:43

本堂前まで行き
紀三井寺 本堂
09:47
如意輪観音
紀三井寺 如意輪観音
09:47
お身代わりなで仏(びんずるさん)を見学。
紀三井寺 お身代わりなで仏(びんずるさん)
09:58

そして、本堂でお参りをしてから御朱印をいただく。
紀三井寺 本堂内
09:59
御朱印s02金剛宝寺(紀三井寺)

御朱印をいただいてからも少し散策。
開山堂
紀三井寺 開山堂
10:02
多宝塔(国指定重要文化財)
紀三井寺 多宝塔(国指定重要文化財)
10:03
少し離れた、総漆金箔張の大千手十一面観音菩薩。
紀三井寺 総漆金箔張大千手十一面観音菩薩
10:13

散策中に本堂横の坂道からタクシーが上がってきた。その道を下っていくと寺院駐車場までの坂道が。
とても緩い階段。
紀三井寺 坂(駐車場へ)
10:20
人は階段を降りるが、隣に自動車が通れる道もあり、途中に駐車場もある。
その駐車場に車を止めて上がってくれば231段の階段を登らなくても済む。
紀三井寺の防災緊急道路(山上駐車場)に詳細を掲載。(2018/11/25)


このページの先頭へ▲

黒潮市場・ポルトヨーロッパ・湯浅


昼食を取るため、黒潮市場へ向かう。
黒潮市場
10:45

ポルトヨーロッパに「入園無料」の看板が!!
ポルトヨーロッパ 無料
10:46
昼食まで、まだ早かったのでポルトヨーロッパ内を散策。
ポルトヨーロッパ
10:50
ポルトヨーロッパ 城
10:55

さらっと、ポルトヨーロッパを見た後は黒潮市場でまぐろの解体ショーを見学。周りは中国からの観光客ばかり。
黒潮市場 まぐろ解体ショー前
10:57

解体ショーが終わったら、昼食はまぐろの握り。ここのまぐろはとても美味しい。
マグロにぎり
11:07

昼食後は湯浅歴史道へ行き、角長しょうゆ職人蔵を見学し
湯浅 角長職人蔵
13:03
角長の醤油を購入。
湯浅 角長醤油
13:08
この「濁り醤」は高級料理店へ納品している商品とのこと。一般の人は、この本店でしか購入できない。
角長 醤油

折角なので金山寺味噌も購入。
湯浅 金山寺味噌
13:15
湯浅から下道を使って紀の川市の粉河寺へ。

このページの先頭へ▲

粉河寺


国道42号を北上し有田インターチェンジから阪和自動車道へ。海南インターチェンジで高速を降り、国道42号、同370号、同424号、県道13号、同123号を走る。川沿いの県道7号を走っていると粉河寺の標識が出てくるので右折。すぐに大門が見えてくので右側を通過。
地図で確認

土産物屋を過ぎたところを右に曲がると寺院の駐車場がある。
地図で確認
駐車場代は、この土産物屋でお支払い。

大門まで戻り撮影。
粉河寺 大門
14:30

粉河寺の境内は広く、水路の横を通って本堂を目指す。
粉河寺 水路
14:33
仏足石
粉河寺 仏足石
14:34
童男大士
粉河寺 童男大士
14:35
太子堂
粉河寺 太子堂
14:36
中門を越え
粉河寺 中門
14:38

本堂に到着
粉河寺 本堂
14:40

本堂からは見事な庭園を鑑賞できる。
粉河寺 庭園
14:40

本堂でお参りをして、御朱印をいただく。
粉河寺 本堂内
14:59
御朱印s03粉河寺

千手堂を見学し
粉河寺 千手堂
15:07

裏道から駐車場へ向かう。
粉河寺 裏道
15:15


そして自宅へ。。。

このページの先頭へ▲


スケジュール


11/12 07:00 自宅発
11/12 08:10 阪和道 岸和田SA にて朝食
11/12 10:00 紀三井寺参拝
11/12 10:45 黒潮市場到着
11/12 10:50 ポルトヨーロッパ(入園無料)散策
11/12 11:00 まぐろ解体ショー見学
11/12 11:10 昼食(マグロ握りと鉄火巻)
11/12 13:00 湯浅町散策
11/12 15:00 粉河寺参拝
11/12 17:30 自宅着

続きは逍遥紀行で!!


JUGEMテーマ:西国三十三所



ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
         
このエントリーをはてなブックマークに追加
         
0

    この記事のトラックバックURL
    トラックバック