calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

categories

archives

西国バスツアーはこちら

西国の準備は楽天で

たびらいツアー

お宿探し

【西国三十三】西国観音霊場散華帳

■散華帳について■
 2017年05月30日(火)

はじめに


西国三十三所の寺院で御朱印をいただいた時、花びらの形をした紙をいただけます。これは「散華(さんげ)」と言われる紙です。この散華を収集するための台紙を散華帳もしくは散華台紙と言います。なお、散華は西国三十三所の寺院でのみいただけるもので、番外札所ではいただけません。

■ 目次 ■
 散華とは
 散華帳(散華台紙)
 特製散華台紙


散華とは


散華とは仏を供養するために華(花)を散布することです。元々、蓮などの生花が使われていましたが、現在は蓮の形の紙で代用しています。また、華を散布する行為を「散華」と言っていましたが、現在では、その花びら(紙)を「散華」と呼んでいるようです。
西国三十三所観音霊場を巡礼すると記念の散華をいただけます。この記念散華はJT西日本「駅からはじまる西国三十三所めぐり」キャンペーンのオリジナル散華です。

散華南円堂
南円堂の散華

このページの先頭へ▲

散華帳(散華台紙)


集めた散華を張る台紙を散華帳(散華台紙)と言い、観音霊場で購入することができます。
私は清水寺で散華帳を購入しました。たしか1000円くらいだったと記憶しています。
散華表紙

集めた散華を貼ると、このようになります。
散華内容

ご自宅で購入するとなると、インターネットで購入することになります。あまり種類はありませんが、お薦めの散華帳はこれになります。


上記の散華帳と、この散華額 (散華台紙を入れる額)をセットで購入すると、とても綺麗に飾ることができます。



このページの先頭へ▲

特製散華台紙


ちなみに、「西国三十三所をめぐる本」に記載しているスタンプラリーで満願を達成すると、もれなく「特製散華台紙」をもらえるそうです。(平成31年3月31日まで)



満願達成までは巡礼の経過が分かり、満願達成後は巡礼の日々を思い出す良い記念の品になります。


続きは逍遥紀行で!!


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村



JUGEMテーマ:西国三十三所



         
このエントリーをはてなブックマークに追加
         
0

    この記事のトラックバックURL
    トラックバック